18年も営業続けていると、いろいろ商品が増えてきたわけですが。
なるべくレギュラー商品は、仕入れ値や保管/ピッキングの手間は違えど
同じような価格に統一したい!といろいろ無理して頑張ってきました。

ぼんやり覚えているだけでも
パンフは、250円→125円→250円→125円の
プレスは、400円→250円→125円の
一部海外チラシは、250円→200円→125円の
変遷を経ていたりします。

基本的にネットの普及で仕入れ単価も下がり、競合も増え、
くじらんの商品在庫も増え、そのため効率化を進め、
って訳で価格は下がる傾向にあるのですが
たまにやむを得ない事情で細々と値上げしています。

いちばん多い「事情」は郵便料金の改定。

料金均一(375円)にしてからは、何気に影響受け続けています。
yuubinn
人手不足が叫ばれる中なので、ゆうパック価格改定や
重量ゆうパック料金の導入、低価格商品の地味な値上げは仕方ない。良く分かる。

と思っていたら、今度は冊子小包の大きさ/重さ制限が付くとか!
ケータイ会社といい、ちょっと料金体系複雑すぎませんかね。
日本郵便さんも、もっと簡単料金にしなよ!
名称未設定 1
そんな訳で、くじらんでも受注した瞬間に赤字確定な逆ザヤ商品が大量発生の巻。
もともと赤字企業なんだろ?ガタガタ言うなって?
いや、そんな訳にいかんぞ!

取り敢えず、ゆうメール系の商品でゆうメール料金が使えなくなる
レーザーディスクやVHDは速攻で価格改定。
まだ逆ザヤレベルハイパーギリギリマックスの商品も幾つかあるので、
やんわりと価格改定を進めるかもしれません。

ちなみに。
チラシは創業以来25円均一なので、こうなったら意地。
これは変えません。